2006/04/01

Multilingual Letter to Florent Dabadie |PPeople|LLanguages| |MMemorable|

(Real date of post: 060315)

ダバディさんの紹介はこちら


Cher M Dabadie,


Je me présente: Tetsu. Je suis votre plus grand fan venant du Québec. La première fois que je vous ai vu à la télé c'était dans les résidences de l’Université Laval, où je terminais mon doctorat. C’était il y a presque 4 ans déjà, durant la Coupe du Monde, où vous jouiez le rôle d’interprète pour Philippe Troussier. Ce n’est qu’après mon arrivée au Japon en 2003, et après vous avoir revu à la télé, que je me suis rendu compte que vous étiez beaucoup plus qu’un interprète Français-Japonais. Beaucoup plus qu’un interprète, et beaucoup plus de langues que Français et Japonais.

I truly admire and envy what you have done with your multilingual talents. While I have also been blessed with a multilingual background (thanks to my parents and to my surroundings), I don't fully use my languages in my profession as a biomedical researcher. Therefore, I continuously try to find new ways to use them outside my job (e.g., occasional contracts as an interpreter, participation in language clubs and, WRITING CRAZY LETTERS LIKE THIS ONE!). Interestingly however, after reading several of your inspirational BLOGS, I realized that we had much more in common than just languages (click to see my background): From the way we perceive the world around us, our philosophies, humour, down to similar childhood experiences, favorite TV shows (see blog "Too Funny" for hilarious Simpsons link), and even, incidentally, the year we were born.

Trato esta carta como si la estuviera escribiendo a mí mismo, y sé que si algún día recibiera un mensaje como este, lo leyera con mucho placer. Y, visto que está leyendo hasta aquí, presumo que haya picado su interés. Estoy seguro que, como yo, Ud tiene una curiosidad infinita y un deseo inmenso para saber todo. La búsqueda de conocimientos nos ha empujado a viajar a través del mundo, para ver, comer y experimentar cosas con que la mayoria de la gente ni pueden soñar. Todas las experiencias que vivimos durante esas épocas, nos dieron la fuerza, la sabiduría, y mucho crecimiento personal...aúnque paradójicamente, con todas las amistadades que hacemos, a veces adquirímos también un poco de solitúd por culpa de conocer demasiado. Me imagino que sabe de qué estoy hablando, y será Ud uno de los rarissimos.

正直言って、私はダバディさんのブログを読んだとき、やはりこの人 は世界を見ているからこそ、どのような話題に関して述べても、常に客観性と謙虚さが感じ取られるのだと思いました。それは日本の警察の態度に関しても、優 しいタクシーの運転士さんの哲学に関しても、ダバディさんが書く文章には「chapeau!」 としか言えません。世界で成長させたスケールの持ち主だから、本当の意味で「人間はみんな同じ」と思えるのでしょう。だから、あのタクシーの運転士さんと も波長が合ったんだと思います。有名人でもなく、外国人でもなく、普通の人間として接してくれたからでしょう。さらに、普通の日本人と同じように接しても らう為、ダバディさんは日本の文化を深く分析したはず。だから、日本語のレベルが高いだけでなく、言葉遣い・表現・仕草などが非常に日本人っぽくなってい ます。よって、見事に日本の社会にとけ込めたダバディさんはおそらく普通の外国人よりも、真の日本の社会の厳しさとその暖かさを経験し、欧米と異なった価 値観も学べたのではないかと思います。勿論、どの国も良いとこ、悪いとこがありますが、それを多く経験して、良いものだけを自分の人生に応用出来るダバ ディさんは、賢い生き方をしていると思います。そして、その知恵を広げようとする行為はさらに素晴らしいものではないのでしょうか。

Alors voilà, j’espère que vous ne sentez pas avoir perdu du temps pour lire ce BLOG. I had a lot of fun in writing it, feeling kind’a like I was talking to a brother. Demais, sempre he querido escrever uma carta asim, com muitas lenguas… pero a quem? Florent Dabadie, possívelmente a única pessoa no mundo que pôde entenderla. Isso! (Sé que fala Português porque vi a sua entrevista com Vanderlei Silva (que foi muito interesante)). Molto grazie per avere letto questa lettera. Bravissimo per il suo buon lavoro è espero che possa continuare ancora molti anni di più. これからも応援しています。韓国語も頑張って下さい。(私も習いたいです。韓国料理も美味しいし、韓国の女性も素敵だし。) 希望有一天我們能成為好朋友!再見!(I don’t know if you know Mandarin so I’ll keep it at this. Und Ich glaube daß du kein Deutsche sprechen kannst, oder? Vieleicht ein bißchen?)


Yours truly,

Tetsu

P.S. Anyone who can understand this letter in its entirety, please feel free to contact me. I would love to be your friend! It would be an honor. (Well, I'll be your friend even if you can't read it all!)

(e-mail) musico11jp@yahoo.co.jp
(my website) www.geocities.jp/musico11jp/index.html

3 comments:

クロリン said...

Soliloquyのクロリンです。コメントありがとうございました。コメントをいただいたことでTetsuさんのブログにお邪魔させていただきました。私の知らない世界のお仕事をされていらっしゃるようで・・・・
何よりも英語があるので自分の勉強を兼ねることができるかな?と思ってはいるのですが、つい日本語に目がいってしまいました!
私はTetsuさんのように海外生活の経験はありません。しかし旅行で道を尋ねると親切に教えてくれました。気さくに話しかけてきてくれることもありました。それなのに日本人はシャイなこともあるのでしょうが、異国の人々には心を閉ざしてしまう。とてももったいないことだと思っています。
私は自分で学ぶものも必要と思っていますが、人と話すことにより知識を得ることが多かったので自分の知らない世界のTetsuさんがブログにコメントを下さったことでブログの楽しさを痛感しました。
私はアロマセラピストとして「アロマを日常生活で取り入れましょうよ」というコンセプトで教えることを始めました。この世界、日本ではまだまだのようで・・・・でも香りってその時の自己分析ができて面白い!
自分がめげそうになった時にTetsuさんのブログに来てエネルギーをもらうつもりですので・・・・

Tetsu said...

エネルギーだなんて、とんでもないです。楽しんで頂ければ嬉しいです。

アロマ。。。面白いですね。僕もSoliloquy Blogたびたびお邪魔しますね。

クロリン said...

Soliloquyの意味は独り言・独白・モノローグです。でももっと簡単な単語がありますよね?ブログの名前を決めるのに「英語で何だっけ?」と電子辞書検索させたら出てきた単語です。
実は情けないことに"talk to oneself”が出てこなかっただけです(笑)

私のブログは好きな俳優の山口祐一郎さんネタが増え、本業のアロマ話がこの所おろそかになっていますが、遊びにきて下さい。