2006/11/13

Interview with a Nobel Prize Laureate、ノーベル賞受賞者との取材

Just a month ago, I wrote a small post on this year's Nobel Prize. Today, I'll tell you about a more personal experience that also has some links to the Nobel Prize. Well, this summer I had one of those "once in a life time" chances to meet and interview the Nobel Prize Laureate of 1993, Prof. Phillip A. Sharp of MIT.

I had to keep it a secret for so long because the purpose of the interview was to get a surprise birthday message for my supervisor Prof. Handa, who used to work with Prof. Sharp. The interview took place on May 30, but we only showed Prof. Handa the clips last Wed, Nov. 8, during a ceremony in his honor for his 60th b-day. And it was a HUUUUUGE success! Not only was Prof. Handa awestruck and moved, the whole audience was numbed by the touching message from Prof. Sharp. It was really a worthwhile experience!

Since the ceremony, Prof. Handa has thanked me I-dunno-how-many-times. But I truly feel that "I" got the best deal in this project. I mean com'on, "I" was the one who had the chance to talk to and get to know (and get to "be known by") a Nobel Prize Winner!! Now HOW COOL IS THAT?! And let me tell ya, it was one of those humbling experiences that changes your life.

So in reality, "I" am the one who should be most thankful to Prof. Handa and everyone else involved in the project, starting of course with Prof. Sharp, who took a hefty chunk of time out of his extremely busy schedule and provided wonderful, inspiring, and even humorous material for the final video, Ms Siafaca (Sharp lab manager), who organized everything smoothly and secretly on the Boston side, Dr. Wada and Maida, who made everything happen on the Tokyo side, and finally, my parents for tagging along and helping out with miscellaneous things like rolling the camera, etc.

So, again, from the bottom of my heart, THANK YOU!!!


一ヶ月ほど前に、今年のノーベル賞に関して記事を書いた。今日のお話はもう少し身近なノーベル賞に関する経験です。実は今年の夏、1993年のノーベル賞受賞者であるMITのPhillip A. Sharp教授に会いに行ってきた。

いや〜、今まで内緒にするのは辛かったよ!先週、自分の恩師である半田教授の還暦記念シンポジウムが行われたので、その為にSharp教授から半田教授へ の祝福のビデオメッセージを頂きにボストンまで行って来たんだよ。半田先生のビックリした顔と喜びにあふれる表情も見れたし、会場の全員も、いいお話を聞いて感動してくれたと 思うので、本当に行ってきた甲斐があったよ!

恥ずかしい事に、講演以来何回も先生からお礼を言われているのですが、本当に誰よりもこのプロジェクトからいいものを得られたのはこの僕だと思っているんだ よ。だって、実際にノーベル賞受賞者とお話しできて、貴重な人脈も作れたのはこの「僕」ですよ!まさに、人生を変える様な経験だった。さらに、「履歴書を送ってくれ」とまで言われたんだよ!こんな 「僕」の履歴書を「ノーベル賞受賞者」が見たいと言うのだよ!お世辞でもいい!気持ちええもんやでえ!

なので、本当は「僕」の方が感謝の気持ちをこめて、半田先生、およびこのプロジェクトに関わった皆さんにお礼を言う立場だよ。Sharp先生も大変お忙し い中、長々と時間を取って、素晴らしいお言葉を次々と下さったお陰で、本当に感動的で、ユモアのあるいいビデオレターが出来た。そして、Sharp研 のマネージャーさんであるSiafacaさんにも大変お世話になった。勿論、このプロジェクトのリーダーである和田先生とテクニカル・エキスパートのMaidaにも感謝しなければ。最後に、僕の両親も一緒に行って、カメラ回すなど、色々とお手伝いをしてもらったからね。

皆さん、本当にありがとうございました!!!m(_ _)m

2 comments:

junkchan said...

本当に最高の企画でしたね!!それは半田先生にも、テッちゃんにも、会場にいた皆にも。私からも言わせて下さい、どうもありがとう!

あのシンポジウムは、本当にたくさんのことを学ばせてくれたと思います。全てがビデオに撮ってあったりするのかなあ?もしそうなら是非ダビングしたいですよ。

Tetsu said...

あるよん!今度コピー作ってあげるね.